看護士に求められる事

専門性の高い学校に通って、一生懸命勉強をして、国家資格を入手する。

でもそれがゴールではなくスタート地点。

今看護師に求められることは、知識にまとう鎧となる心の強さ。

日進月歩の医学についていくための向上心をもつこと。

たとえばこんなこと

人が好きなこと

病院に来る患者さんは病気やケガで苦しみ、精神的に弱っている方が多くいます。

看護師という仕事は医療に携わる嶽でなく、笑顔やコミュニケーションで患者さんのメンタルな部分を支えることも重要です。

知識と技術と「優しさ」「思いやり」といった豊かな人間性で、患者さんに「安全と安心」を与えられるのです。

患者さんだけでなく、その家族や周りの方にも信頼される人間性が必要になってきます。

使命感をもてること

看護師の使命は「患者さんの命を救う事」「患者さんの命を守る事」です。

たとえ患者さんが嫌がる治療でも行わなければならず、辛い判断をくださなければならないこともあります。

自分の感情に流されず、使命感を持って、意志を強くもって邁進できなければいけません。

日々刻々と進む医療技術に関して自ら積極的に勉強する時間を惜しまない事。

最善の看護を提供できる様に向上心と学ぶ姿勢を持ち続ける事が大切です。

そのために自らの身体作り、健康に対する気配りも重要でしょう。