看護師の仕事〜クリニック〜

clinic

20床以上の入院設備を持った医療機関」のことを病院といい、それ以外の医療機関をクリニック、診療所といいます。

入院設備があるクリニック、診療所もありますが、病院とはまた違ったクリニックや診療所ならではの業務が発生します。

クリニックで働く看護師の仕事

病院と違ってクリニックや診療所外来の看護師は夜勤が基本的にはありません。

仕事は基本的に採血や点滴、検査などの処置をこなし、レントゲンも医師がスイッチを押すだけという状況までセッティングします。

クリニック外来の看護師に求められることは、患者さんとの上手な関わり合いとスピーディーな動き。

丁寧に患者さんを相手しつつ、処置をしつつ、次から次へと外来する患者さんの対応を正確にこなさなければなりません。

並行して、医師の診察の準備も必要になるため、様々な配慮と最新のケアが必要になってくるでしょう。

患者の窓口

クリニックや診療所の外来担当は勤める医療機関と患者さんの窓口・玄関口となります。

看護師の対応の善し悪しが病院のイメージをそのまま決定づけるといっても過言ではないでしょう。

小さなクリニックでアットホームな雰囲気であっても、馴れ合いすぎると新規の患者さんにはあまりいいイメージをもたれないかもしれませんし、20床未満でも総合病院のように大きな医療機関であれば、長い時間待たされて気分を害する患者さんもいらっしゃいます。

その場合は辛抱強い対応や、臨機応変な対応が求められるでしょう。