病院外来

病院の外来対応時間の間だけで、日勤だけの勤務枠があり、病院外来を希望売る看護師は多いです。

ただし、待ち時間に比べ診察の時間がどうしても短くなってしまうこともあり、患者さんからのクレームは絶えません。

看護師の働く場の中でも常に時間に追われている忙しい環境といえるでしょう。

体力と精神力も鍛えられるので、「夜勤がないから」という安易な考えで職場を決めてしまうと痛い目をみることになりかねません。

一般外来

看護師の業務は外来と入院(病棟)に分けられているのが一般的です。

通院で診察に訪れる患者さんに対して短時間で効率よく対応する事が求められます。

看護しての専門的な知識以外にもさまざまな情報を持って、患者さんから振られる話題やクレームに対応出来るコミュニケーションスキルが必要となるでしょう。

救急外来

救急医療は1,2,3次救急があり、それぞれ入院を必要としない方、入院・手術を必要とする方、重傷、高度医療専門医療を必要とする方に対象が分かれ、医療機関がそれぞれの役割分担に従って診療します。

病状の急変や突発的な悪化、事故などにあった患者さんが搬送されてくるので、判断力と観察力、迅速な行動にチームワークが必要とされる環境。

業務をこなしながらも患者さん本人とそのご家族のケアも重要な役割です。