病棟

nursestation

病棟看護師は簡単に言うと「白衣の天使」として連想される看護師。

24時間体勢で治療の補助や看護、薬剤の管理の他身の回りのケアを行います。

診療科目によって病棟看護師の仕事内容にかなり違いがあるので、転職を考える場合はその診療科目の看護師に意見を聞く事も希望を叶える材料になるでしょう。

重要な細かい仕事

24時間体勢の仕事なので、どのような勤務形態であっても、申し送りから始まります。

夜勤から日勤へ、その逆へと入院患者さんの状態や変化を伝えるチームワークとコミュニケーション能力が必要です。

検温や血圧測定、注射・点滴、ガーゼの交換、処置、検査、手術への送りだしから食事の準備に介助、入浴などの身の回りの世話、その都度のカルテ記入も重要な仕事。

不安を抱える患者の精神的ケアも必要となります。

患者さんが就寝されたら病室の見回りや点滴、心電図、呼吸器の管理なども必要です。

大切なことはチームワーク

医師との連携はもちろん、24時間体勢で担当が変わってもスムーズに看護ケアが出来るように、記録や申し送りにミスがないようにしなければなりません。

そのためには人の話を聞いて理解する力、自分の考えを伝える力、他の看護師や病院スタッフ同士とコミュニケーションをとる力が必要でしょう。

常に患者さんの目線で考え、精神的なケアや患者さんの家族の相談にのったり、フォローすることも病棟看護師の役割です。

チームワークとコミュニケーション能力に加え、周囲に配慮できる優しさが大切になります。