介護施設

kaigo

高齢者を中心とした介護のための施設「介護施設」。

介護福祉士やケアマネージャー、ホームヘルパー、理学療法士や作業療法士など他の医療・介護スタッフとの連携を図りながら勤務することになるでしょう。

医師不在の介護施設もありますので、入所者の健康管理について看護師に大きな責任がかかってきます。

介護施設とは

要介護度1~5の在宅介護が困難な65歳以上の方100人に対して3人以上の看護師がつく規定になっている「介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)」。

要介護度15の認定を受け、リハビリを必要とする方100人に対して10人以上の看護師が規定になる「介護老人保健施設(従来型老健)」。

介護と医療の両方を必要とする要介護1以上の高齢者が長期療養するために入所する、看護師17人以上つくことが義務づけられており、医療に関わる職員が最も手厚い「介護療養型医療施設」。

2008年に始まった「介護老人保健施設」と「介護療養型医療施設」の中間的な役割となる「介護療養型老人保健施設」。

似たような名前ですが、特徴がそれぞれ違うので転職の際には注意しましょう。

勤務時間

勤務形態や勤務時間は介護施設によって様々。

常勤も日勤のみの介護施設もたくさんあります。

求人情報を確認している方は、パートや派遣として勤務できる施設も年々増えていることに気づくでしょう。

24時間体勢で看護を行っている介護施設の場合、夜勤がある交代制のシフト勤務になります。