看護師の仕事〜病棟〜

看護師の職場として最も多く選ばれているのが病院病棟やクリニック、診療所と呼ばれる外来施設。

看護師として働くには、どのような施設でどのような条件で働きたいか、自分にあっているかを明確にするのが重要です。

一般的に大きく分けて病棟担当で働きたいのか、クリニック担当で働きたいのかというくくりで考えます。

病棟で働く看護師の仕事

病棟看護師は新規患者者や通院患者ではなく、入院患者を中心に看護ケアなどを行います。

クリニックや診療所などの外来との大きな違いは夜勤での勤務があること。

この夜勤があることによって「3交代制」または「2交代制」の勤務形態になることが多いです。

病院病棟に勤務する上で夜勤を避けることは難しいでしょう。

日によって日勤で働いたり、夜勤で働いたりするので、慣れるまでの間は体力的にも苦労することが考えられます。

勤務する診療科によって異なりますが、急変の患者さんが出ることもあり、常に気を張っていないといけないのでので非常に神経を使います。

急変の患者が出た場合など残業になることもあり、勤務時間が長くなってしまうでしょう。

最も大変な仕事

病院病棟の看護師の仕事の中で他と比較して最も大変と言われているが、手術室や集中治療室(ICU)、救急救命室(ER)勤務担当。

体力と気力的なタフさもさることながら、医療現場での経験が重視されます。

大変であるからこそ、患者が元気になっていく様子や感謝の言葉を貰ったときには喜びとやりがいが得られるでしょう。